Calender

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

-

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2013.06.17 Monday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

SIMS3『藤堂家』

はぁ...ヽ( ´ー`)ノ

 SIMS3のCC配布サイトさんの中には(;´Д`)ハァハァしてしまう程
美しいスキンやメイク、ネタ満載の服やオブジェを作る方が多々いらっしゃいます。
妖精さんは檸檬葉(s-club)さんのスキンやメイク、服に非常に(;´Д`)ハァハァしているのですが
悲しい事に檸檬葉さんとこのCCの1/5くらいしか反映されません(´;ω;`)ブワッ
他のユーザーさんはどうなんですかね?...もしかして妖精さんだけか?Σ( ̄□ ̄;)

さて、あれから藤堂家はどうなったのでせうか?




あれ?らんすくんがいない(・_・;?と思ってキャラ選択したら妖精さんの与り知らないうちに
けぬ子ちゃんとデートしてはりますた。



ちっ、今日のけぬ子ちゃんは人間モードだったか(ー_ー;)



しかもらんすくんに花束なぞ贈っております。
この時点でけぬ子ちゃんが一歩リードか?o(*^^*)o



大道芸人レベル5になったアト父ちゃん。
いつのまにか持ち物の中にバランスボールというものが入ってたので早速使ってみる。

.......が、これと言ったネタは引き起こしませんですたヽ( ´ー`)ノ


アト父ちゃんといえば、大道芸人レベル5になってから『曲芸』が追加されておりますた。




エビ反りしたり



T字開脚したり



もう謎の軟体動物状態です(^-^;



ちょっと芸術的なポーズをとってみるアト父ちゃん(^-^;

らんす「アト父ちゃん、朝っぱらから何やってんの?」



でも失敗する事もあります。

しかし、このポーズって妊婦の逆子体操のポーズに似てると思ったのは
妖精さんだけじゃない筈(o_ _)ノ彡☆


リアルアトちゃんは転職を所望したのですが、大道芸人が面白いので
もうしばらく大道芸人で頑張ってもらうo(*^^*)o←鬼畜


  • 2012.11.30 Friday
  • 07:27

SIMS3『藤堂家』

チャラ男の逆襲

 朝、起きたら右手がぬらっとしまして。
なんだろう?と思い見てみたら右手が血まみれだった妖精さんです。
ベッド周りには刃物や凶器は何も置いてないんだが、一体いつどうやって
流血したんだろう?(・_・;?
ま・さ・に・ミステリーo(*^^*)o←おい

さて、今日も地味に更新するお(・∀・)/ 



久々の藤堂家。
世帯主のアトール父ちゃんは熱心に料理番組なぞ見ております。

アト「育ち盛りの子供達の溜にも食育は大事だろう( ̄^ ̄)」

なんかアトちゃんがマトモな事を言うと不安になる不思議(^-^;




そして今回、藤堂家のプレイした理由がらんすくんを土方家のJK達と知り合いになる為デス。
さぁ、気合いを入れてらんすくんのサービスショット!o(*^^*)o



お風呂上がりでサッパリした所で、土方家へGO!



らんす「は、初めましてお義父さん。藤堂らんすろっとと言います」←気が早い
Kn「初めまして。最初に言っておきますが、私はけぬ子や鍵子の『兄』であって『父』ではないので(-"-)」



世帯主であり、コイツらの兄であるKn兄たんに挨拶した後は、二人の血の気の多い肉食系JKとお友達になりましょう。

鍵子「初めまして、鍵子でぇ〜っす♪趣味は乱闘で〜っす♥」
らんす「は、初めまして...」



さすが肉食系JK鍵子!とても積極的です(^-^;



ささ、もうひとりの血の気の多い肉食系JKけぬ子ちゃんともお近づきになりましょう。



けぬ子「初めまして、けぬ子でっす♥好物は生肉で〜っす。キャピッ♪」
らんす「は、初めまして...」

てか、出会いが人狼の姿って...けぬ子、どんだけ期待を裏切らないんだ!



そしてこっちの血の気の多い肉食系JKけぬ子もらんすくんが気に入った様子。


こりゃ、さすがのチャラ男らんすも引くかもしれんな、と今後の対策を考えようとした妖精さん。



ちょっ!Σ( ̄□ ̄;)
『けぬ子とファーストキスをする』と『鍵子とファーストキスをする』の2つの願望が出てはった!
ジャイ子でも人狼でも構わないんだ?(^-^;



どうやららんすくんも肉食系チャラ男DKだったようでヽ( ´ー`)ノ
どっちとくっついてもアンタらお似合いだよヽ( ´ー`)ノ


で、らんすくん、どっちのJKにする?o(*^^*)o





オマケ




いつの間にか、アト父ちゃんも┌(┌ ^o^)┐ホモォになっとった_| ̄|○
しかもこの彼氏、激しく人外の臭いしかしないんですけど_| ̄|○
つか、アトちゃんっていつ投入しても┌(┌ ^o^)┐ホモォになるのは何故?(´;ω;`)ブワッ

Kye先生に続いて抹殺ケテーイですΨ(`∀´)Ψ


  • 2012.11.29 Thursday
  • 05:30

SIMS3『藤堂家』

アトちゃん誕生日おめでとー(・∀・)/ 

 って事で久々に某所にインしたのに、当のアトちゃんにおめでとーを言うのを
忘れてた微量脳みその妖精さんです_| ̄|○

なんかギルチャの話題が養命酒からツインテール萌えにまで発展するという
不思議な社交場(ハッテン場)でありますたヽ( ´ー`)ノ

いろいろネタは拾えたからこのネタを保持しつつ、今日はアトちゃんの物語を
お送りしま( ̄◇ ̄ゞ



大道芸人のレベルもあがり、ファイヤーダンスと共に衣装も変わったアト父ちゃん。



今日も早朝から自宅前で特訓です。
つか、そろそろギグのオーデを受けさせてみっか。



って事で野外舞台のある公演でのギグのオーデを受けるアト父ちゃん。



アト「らんす、父ちゃんな、夕方から公園の野外音楽堂でパフォーマンスすっから」
らんす「で?」
アト「で、夕食、ちゃんとエリにも食べさせておいてね♥」



ランス「なんか作って冷蔵庫に入れておけばいいのに」
アト「作るヒマなかったんだよ、それより新しい衣装どうかな?ちょっと地味だったかな?」
ランス「いや、充分派手だよ....」



アト「もうちょっとこう何かない?エヴァみたいでカコいい!とかさー」
ランス「エヴァン◯リオンが気分悪くします(ー_ー;)」



さて、時間になったのでアト父ちゃん公園に向かいます。



アト父ちゃん、頑張った。
でも初めてのギグなせいかお客さんこない_| ̄|○



気を取り直して今度はカフェの特設ステージでのギグのオーディションを受けてみる。



アト「ほら、こーんな事が出来るんですよ〜」
オーナー「とりあえず出演してみる?」

意外とアッサリ出演が決まる(^-^;



そしてこのカフェで一番出会ってはいけない人に遭遇してしまうアト父ちゃん。



なにやら妖精さんに魔法をかけられたようです。



アト「なんだなんだ?!」

どんなネタな魔法をかけられたのか?とwktkしてたんですがね
運の悪い事に『幸運の魔法』だったようでヽ( ´ー`)ノ




エリ「アト父ちゃん、なんかキラキラしてるんだけど...油壷の中にでも落ちた?」
アト「油まみれだったらキラキラじゃなくてテカテカじゃね?」
エリ「どっちにしてもキモい」
アト「Σ( ̄□ ̄;)(娘にキモい言われたっ!!)」



そして翌日はカフェの特設ステージでギグを行いますた。

アト「イナバウアーっ!!!」

でも客足は少なかった(^-^;

アト「俺に大道芸人は向いてない....転職しよう」


アト父ちゃんが転職を決意した、そんな日。

アト父ちゃん、誕生日おめー!(((o(*゚▽゚*)o)))


  • 2012.11.16 Friday
  • 01:17

SIMS3『藤堂家』

難易度『HARD』

 ホットコーヒの美味しい季節がやってきますた。
皆様如何お過ごしですか?(* ̄∇ ̄*)
でも妖精さんはミルクティ派です(* ̄∇ ̄*)

なんかよくわからんがリアルしえるのオーストラリア行きの手伝いを
余儀なくされてる妖精さんです(´;ω;`)ブワッ
iPhoneがオーストラリアでwi-fi使えるかくらい自分でソフトバンクに問い合わせれ(ー_ー;)

って事で人生のハードモードにぶつかってるSIMエリたん、あれからどうなったのでせうか?



ガサツだがシャイで引きこもりぼっちプレイが日常のコミュ障。
それがエリたん。



友達と遊ぶより乙女ゲーで一人でも多くの男をコマす方が幸せという
立派な『喪女』予備軍である。



エリ「むんっ、困った...友達になるってどうすりゃいいんだ?」



エリ「つか、そもそも生まれて今までアト父ちゃんとらんすくらいしか話した事ないのに」



エリ「らんす、起きろ」

また?!(o_ _)ノ彡☆



ランス「っざけんなよ!今何時だと思ってんだ?!」



エリ「らんす、エリと会話しよう」
ランス「はいぃ?!会話なんて友達とすりゃいいじゃんか」
エリ「エリに友達がいると思うのか?」
ランス「ガッコ行ってんだからひとりくらい友達いるだろ?」
エリ「チャラ男は言う事が違いますね。ガッコ行ってれば自然に友達が出来ると思うなよ」
ランス「なんでそこでチャラ男?!...はぁ、結局何が言いたいんだよ...」
エリ「チャンスクエストで暗夜と友達になれと(´;ω;`)ブワッ」
ランス「そんなん電話したり家に呼んだりして友情育めばいいじゃん」
エリ「エリの代わりにらんすが電話して家に呼んで友情育んでくれ」
ランス「お前のチャンスクエストじゃねーのかよっ!!」
エリ「じゃあ、エリが人と話せるようになるまで毎日らんすが1時間エリとトークして」
ランス「Σ( ̄□ ̄;)(素で嫌だ)



エリ「話すって何をどうやって話せばいいんだよー(´;ω;`)ブワッ」

コミュ障なのでフツーの人にとっては大した事ないモノでもエリにとっては大問題(^-^;



ランス「あ、もしもし、暗夜?俺を助けると思ってうちのエリと友達になってやってくれ」

ランスくんエリのウザさから早く開放されたいらすぃ。

ランス「頼むっ!アイスクリーム買ってやっから!」

どんだけ切実なんですか(ー_ー;)



ランスくんに同情したのか、それともアイスクリーム目当てなのか暗夜くんが遊びにきました。

暗夜「こんにちわ」
エリ「........(モジモジ)」

か、会話にならん_| ̄|○



暗夜「え、えーっと僕はね、魔女と猛虎育てるのが趣味なんだー」
エリ「......(モジモジ)」
暗夜「最近は化けウサギも育て始めたんだけど...」
エリ「......(モジモジ)」


なんか無理矢理感ありましたが、とりあえず無事にチャンスクエスト完了のようです(^-^;


エリたんが強気に出れるのはらんすくんだけらすぃ(o_ _)ノ彡☆

  • 2012.11.15 Thursday
  • 06:34

SIMS3『藤堂家』

地味な多忙モードにつき

まとまったプレイ時間がとれず小刻みにプレイしているせいか
ネタが中途半端になって消化不良を起こしている妖精さんです(´・ω・`) 
アメブロからこっちに引っ越してきて画像の(エロさの)制限が無くなった分
もっとネタに走れるハズなんですが、上記の通り小刻みプレイなので
途中で自分が何をやりたかったのか?って事を忘れてしまうという情け無さ_| ̄|○

だもんで、しばらくはユルくヌルくオチなしでリハビリさせて頂きますm(_ _)m



エリ「ふっ、金色のコルダは無印だとやっぱヌるいな」

小学生にして乙女ゲーにハマり、ありとあらゆる時代や設定の二次元の男を
コマしまくるSIMエリたん。
これまでコマしてきた(二次元の)男の数は100人を下らない。



そんな娘を扶養するアトちゃんは最近大道芸人の道を歩み始めました。
今日も近くの公園でチップを稼ぐために路上パフォーマンス。



....誰も見てませんがね。



とりあえずファイアーダンス(違)が出来るようになったので、そろそろギグの
オーディションでも受けさせてみましょうかねヽ( ´ー`)ノ



アト「そういえば、今日はランスのガッコのパーティじゃなかったか?」
らんす「あ、忘れてた!!」
アト「誰か女の子、誘った?」
らんす「忘れてたんだから誘ってるワケない_| ̄|○」
アト「そうか、くれぐれも┌(┌ ^o^)┐ホモォに走らないようにな」

┌(┌ ^o^)┐ホモォに走ったら抹殺されますからねΨ(`∀´)Ψ



らんす「てか、スターライト・ショアにはNPC以外の女子高生いねーじゃん!!」

この際、女性だったらNPCでも構わないよ。

らんす「ブッサイクなNPCで妥協しろと?(ー_ー;)」

妖精さん、容赦なくネタに出来る某所の女友達はぷりたんと紫邑ちゃんとゆかさん
TOMOさんくらいしかおらんもんヽ( ´ー`)ノ
(以前、この4人には『乳出しOK』の許可すら貰っているという)



まぁ、そのうち妖精さんにまとまったプレイ時間がとれるようになったら
投入してやっから(^-^;
でも、TOMOさんにはKnとーたん、ゆかさんには夢さん、紫邑ちゃんにはかずひん
という伴侶予定がおるけどなΨ(`∀´)Ψ
ぷりたんでよければ彼女の許可とっておいでΨ(`∀´)Ψ

らんす「自分で許可取れってか?!Σ( ̄□ ̄;)」

やー、だって妖精さん、某所にはここんとこ二週間に1回程度のイン率だし(^-^;



とりあえずしょーもない会話は終了させて、らんすくんガッコのパーティに出席です。



予想通りネタ満載のパーティらしいな(o_ _)ノ彡☆



『彼』?!?!Σ( ̄□ ̄;)
そこはかとなく┌(┌ ^o^)┐ホモォ臭ががががo(T△T=T△T)o



その大好きな人って誰が非常に気になる(ー_ー;)
とりあえず『男』じゃなかったらどんな種族でも祝福するよ。



って、あら?(^-^;
カノジョどころかカレシも出来ずに帰宅?

らんす「ほっとけ!!(-"-)」

昔懐かしい話したろか?

らんす「なに?(ー_ー;)」

昔のSIMS3プレイでな、アトちゃんがガッコのパーティで┌(┌ ^o^)┐ホモォに
なってん(^-^;

らんす「マジっすか?!(o_ _)ノ彡☆」←大喜び

でもその後、アプデに伴う不具合でアンインスコ余儀なくされたから
その黒歴史はなかった事になってんヽ( ´ー`)ノ



今回は、多分本当に高校生はNPCしかいないからホモにすらならずに済んだんだろうな。
....白夜&暗夜、まだ小学生のままでよかった(-。-)ボソッ


そうえいば、白夜&暗夜といえば


エリたんにこんな願望クエストが出てしまいますた_| ̄|○
ヲタで引きこもりでコミュ障のエリにはとてつもなく高い壁だ_| ̄|○

さて、どうする?!


  • 2012.11.14 Wednesday
  • 10:42

SIMS3『藤堂家』

男子高校生の日常?

 藤堂家の長男らんすくんをティーンに成長させる事に。
プレイ回数を重ねる毎に段々内容がバカになってきている_| ̄|○
妖精さんがバカだから仕方ないよねっ!ヽ( ´ー`)ノ



シャコシャコシャコシャコシャコシャコシャコシャコシャコシャコシャコ
アト「今日でらんすもティーンか...仕事、見つからなかったけど、どうすっかな」
シャコシャコシャコシャコシャコシャコシャコシャコシャコシャコシャコ

まぁまぁ、とりあえず何かバイトでもしませう(^-^;



って事でらんすくんがティーンになります。



らんす「ふ〜っ!!!」



キラキラリ〜ン♪

ひでぇ!!!!最悪の成長っぷりだ!!!(o_ _)ノ彡☆
妖精さん、大爆笑が止まりません(o_ _)ノ彡☆



アト「誕生日おめでとう....」
らんす「ありがと....」
アト「しかし、エラい状態に成長したな」
らんす「ケーキ食べたらイメチェンする....」

面白いから、いっそこのままで居て欲しかったんですが(-。-)ボソッ



らんす「よしっ、こんなもんだろ」

正直言いますと、リアルらんすくんはイケメソです。
だもんで子供としてSIMらんすを投入した時に妖精さんなりに気を遣って
可愛い感じで投入したんですがね、ティーンに成長したら崩れた_| ̄|○



アト「お、いい感じになったじゃん」
らんす「アト父ちゃんも下地はイケてるんだから、そのダサい髪型変えてみたら?」



息子にそう言われてアト父ちゃんも髪型を変えてみますた。



アト「髪型変えてみたんだけど、どうかな?」
エリ「うん、フツーの人間に見える」

今まではフツーの人間には見えなかったってことか?Σ(゚Д゚ノ)ノ



アト父ちゃん、イメチェンしたので心機一転とりあえずのバイトを見つけました。



大道芸人です。

気のせいだろうか、アトちゃんがすっげイケメソに見えるのは...。



そういえばらんすくん、ティーンになったので車の運転を教えてもらえるようになったんだ。
って事でアトちゃんに車の運転を習います。
にしても、アトちゃん大道芸人の形相のまま運転教えるのかよ!!(o_ _)ノ彡☆






そんな藤堂家。
  • 2012.11.14 Wednesday
  • 00:46

SIMS3『藤堂家』

怖いもの見たさ

 なんかね、リアルらんすくんはツインテール萌えだそうで某所でもhshsしてはる。
正直、妖精さんにはツインテールのどのあたりが萌えなのかサッパリわからん。


古代怪獣ツインテール


リアルらんすくんの不可解な趣味はとりあえず放置して、藤堂家の物語行きます( ̄◇ ̄ゞ




アト「ったく、こんなに散らかして(ー_ー;) 遊んだら片付けるっ!!」
らんす「ふぁ〜い」



アトちゃん、今日も育児に追われてるようで。

アト「もうすぐランスの誕生日だってのにまだ仕事見つからねーよ(´;ω;`)ブワッ」

ん〜、とりあえず大道芸人かゴーストハンターでもしとく?(^-^;



アト「ランス、なにか誕生日に欲しい物あるか?」
らんす「ツインテール(の似合う可愛いカノジョ)....」
エリ「円◯プロあたりから盗んでくれば?」



エリたん、今日はいつになく険しい表情でPCに向かってますが、また乙女ゲー?

エリ「ちげーよ、今日は青鬼とかいうニコ動見てんだよ」

あー、あれか(^-^;
でも大丈夫?夜、ひとりでトイレ行けなくなるかもよ?(^-^;



エリ「おい、らんす、起きろ」
らんす「んぶ〜、今何時だと思ってんだ?(ー_ー;)」



エリ「頼むっ!トイレ着いて来てっ!本当に限界なのっ!!!」
らんす「はぁ?ふざけんなよ、んなのひとりで行けよ」
エリ「いいのか?そんな事言って。ここ(ランスの部屋)で全ての女子力を放出してもいいんだぞ?」
らんす「何言ってんの?」



エリ「もらすって事だよ....」



らんす「ざけんなよ!!(´;ω;`)ブワッ」←結局ついていく

エリたん、やっぱり夜中にひとりでトイレ行けなくなったんですね(^-^;
そして被害を被るのは兄のらんす(^-^;



翌日

らんす「エリ、お前もうオカルト系のサイト見るの禁止な(ー_ー;)」
エリ「らんすのベッドの下に隠してあるエロい本、父ちゃんに差し出していいなら」
らんす「これからもオカルトサイトを存分に堪能してくれたまえ」

兄の立場弱っ!!(o_ _)ノ彡☆



アトール父ちゃん、育児だけでなく家事でも忙しいのでらんすくんがベッドの下に
エロ本を数冊隠し持ってる事も、エリたんが毎晩乙女ゲーだけでなく18禁ゲーまで
やってる事を知らない.....(^-^;


いろんな意味でらんす兄ちゃんがティーンになるのが楽しみですo(*^^*)o

  • 2012.11.12 Monday
  • 10:57

SIMS3『藤堂家』

私が不幸なのはどう考えてもお前らが悪い!

 ふと思いついて、ちょっとやってみたいプレイがありましてね。
丁度アトちゃんにも出演快諾してもらったし、そのアトちゃんにご子息誕生したんで
お祝いを兼ねてプレイしてみますたo(*^^*)o



藤堂家の世帯主、藤堂アトール。
父はかずひん、母は紫邑のひとり息子としてサンセット・バレーにて生まれる。
高校時代に両親が旅行中に任された馬(ヒンヒン号)の世話を怠り、動物愛護施設に
連れて行かれてからというもの両親との折り合いが悪くなり、高校を卒業すると同時に
逃げるようにこのスターライト・ショアに家出。

軍事関係の仕事に就いて嫁も貰い長男も生まれたが、ある日突然「俺は釣り師になる!」と宣言し仕事を辞める。
その翌日、無職宣言をしたアトールの元から妻が家出。
仕方無くアトールはひとり息子のランスロットを男手ひとつで育てる決心をする。



ひとり息子ランスロットがようやくおまるの躾を終えた頃、藤堂家の玄関先に
女の赤さんが捨てられており、不憫に思ったアトールは名前を『エリ』と名付けこの女の赤さんを引き取って育てる事にしました。


あれから10年。



ランスロット12歳。もうすぐ中学生である。
アトールの可愛い(かどうか判らないが)ひとり息子。
背中に背負ってるのはバスターソード(本人談)だそうだが、どう見てもキーブレイドである。



ランスロットは多趣味で明るく友達も多い。
学校の成績はまぁまぁだがクラス委員をやっていて人望がある少年。



エリ11歳。本名はエリザベスらしいが、皆面倒臭がって「エリ」と呼ぶ。
藤堂家にお情けで拾われるものの、男手で育ったせいか、がさつでシャイという複雑な性格。
更には言葉を教えてもらうのを忘れられてたのでコミュ障である。



趣味は乙女ゲー、アニメ、漫画、2ちゃんねるとニコ動とランスロットとは別の意味で幅広い。
だが、コミュ障なので友達はいない。



エリ「らんす、プリン食べたくない?買って来い」
らんす「俺は食べたくねーんだけど」
エリ「でもエリは食べたい。買って来い」
らんす「なんで?!Σ(゚Д゚ノ)ノ」
エリ「キーブレイド(羽)もぐぞ?」
らんす「買ってきます....」

コミュ障だが、家族には容赦のないエリ。



釣り師を目指していたアトールは、釣りのセンスがまるっきりなっしんぐ。
故に「子育てが大変だから」という大義名分を引っさげての堂々のニートをしている。



アト「もうすぐランスも中学生だし、いつまでも親父が無職だと絶対いじめられる。
   今まではバイトで食いつないできたけど、やっぱ就職しないとなー」

アトちゃん、どこに就職したい?o(*^^*)o



らんす「これ...やたらと黒いんだけど、本当にワッフル?」
アト「チョコレート風味のワッフルだよ」
エリ「チョコレートって炭の味するんだ?」

料理スキル0のアトちゃん。



でもやたらと壊れる家電を修理しているので器用スキルはすでに6である(^-^;



らんす「ねーねー俺スカウトの活動したい!友達に誘われたんだよ!」
アト「じゃあエリも一緒に申し込まないとな」
らんす「エリがスカウトの活動なんかするワケないじゃん」



エリ「うひゃ〜、やっぱ黒執事はセバスチャン萌えだな♥」

そう、エリはヲタで引きこもりなコミュ障なのだ。



ある日、食卓でらんすが宿題をしていると

エリ「そんな問題もわからんの?バーカ!バーカ!」
らんす「(コイツが女じゃなかったらグーで殴りたい....)」


そんな藤堂家。
アヒャヒャ(゜∀゜≡゜∀゜)ヒャヒャ




  • 2012.11.11 Sunday
  • 04:26

1