Calender

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

-

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2013.06.17 Monday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

SIMS3『藻場下家』

さぁ、忙しくなってきましたo(*^^*)o

 いや、妖精さんのリアル生活がなっ!!(´;ω;`)ブワッ

1年半くらい前に放射線治療やったんだけどさ、年末から病状は悪化してて
2回目の放射線治療に向けて薬の量増やして準備してたのね。
しかし薬もキッチリ飲んでるのに体調は悪くなる一方でさ(ー_ー;)
今日、いつもの持病の病院に行ってきたさー。

医者「....放射線治療の効き目、今になってやっと出て来たみたいだね。
   数値下がり過ぎてるわ。...今、めっちゃしんどくない?」

しんどいよっ!!!(-"-)

って事で現時点で2度目の放射線治療はペンディングとなりますたo(*^^*)o
あの食事制限や隔離生活をしなくて済むかと思うと夜のワクワクさん(* ̄∇ ̄*)
でも、下がり方が異常なので今度は新しく別の薬を飲む事になりますた(´・ω・`) 

そゆワケで妖精さんの体調不良はまだしばらく継続しそうです_| ̄|○
明日はリアルしえるのライブなのにな_| ̄|○


って事でSIMS3の方、いってみよ(・∀・)/ 



SIMS3の世界では満月の夜になるとゾンビが沸きます(^-^;
家の中までは入って来ないので、家の中で大人しくしてれば安全だけどな。
ちなみに、農作物なぞ植えてたりすると、ゾンビが食い荒らします(´・ω・`) 



さて、新しくシェアメイトとして入居したSIMありすさん。
鬼畜、変態、ヘタレと果てしなく自由人。
故に乳出しもケツ出しもすべてカモーンщ(゚Д゚щ) だそうです(^-^;



職業は官能小説を書いてる小説家。
ちなみに使用しているPCはリアルで妖精さんが使用しているPCと同じiMac G5だったり。



ありすさんが入居してからというもの、なんか居心地が悪そうなSIMゆずくん(^-^;
ロゼちゃんはありすさんの自由人っぷりに翻弄されてるようですがね(^-^;



そういえば、ありすさんが持ってきた箒。
見かけによらず掃除好きのおにゃのこがと思ったのですが



箒はありすさんの移動手段だった_| ̄|○

ありす「今時箒なんてダサいっつーの。そのうち掃除機ゲットしないと」

現代っ子魔女?



ありす「うひょ〜、エロいっ!エロすぎるっ!(;´Д`)ハァハァ」

そしてありすさんは官能小説家なので、勉強の為にエロ本を読む事も欠かしません。



ありす「むひょひょひょひょ」←エロ本堪能中

オメガ「一応シェアメイトなんだから挨拶くらいはしておいた方がいいんだろうけど
    怖くて話かけらんないです(´;ω;`)ブワッ」


入居二日目、未だにオメガくんとありすさんの会話なっしんぐ(^-^;
つか、なんかありすさん、怖がられてますけどー(^-^;


  • 2013.03.09 Saturday
  • 23:34

SIMS3『藻場下家』

不安定は続くよ

 まず立ち上げる際に一発で立ち上がった事がない(ー_ー;)
そして終わる時も成城終了した事がない状態のSIMS3です_| ̄|○

大抵エラー起こして強制終了させて終わってます(´・ω・`) 
どうやったら安定すっかなー(ー_ー;)
一度アンインスコ&再インスコした時に無事に1.50になったから安心してたんだけど
それから3日くらい経過してランチャーのお知らせで「Mac版1.50アプデ」の
お知らせが来てるのを見た時は『Σ(゚Д゚ノ)ノ』となりますた。

まさかと思うけど、これが原因じゃないよね?ねっ?(´;ω;`)ブワッ

もうしばらく様子見プレイを持続させてみま(´・ω・`) 



新しいルームメイト『ありすちゃん』が入居してきますた。



ロゼ「はじめまして、私がロゼです。....ありすちゃんって高校生だっけ?」
ありす「いえ、成人してますお(^ω^)」
ロゼ「え?...それ、どう見ても高校生が着る制服だよね?(・_・;?」
ありす「趣味なので気にしないで下さい(* ̄∇ ̄*)」

もうね、のっけから問題あるよありすさん(ー_ー;)



ロゼ「そ、そうなんだ(^-^; えっと、職業は?」
ありす「小説書いて生計立ててますぅ」
ロゼ「おお!小説家!!ジャンルは?SF?純文学?o(*^^*)o」
ありす「官能小説です( ̄^ ̄)」
ロゼ「Σ( ̄□ ̄;)」

はい、ありすさん、『頭弱い』『鬼畜』『変態』と3拍子揃ってるようで(^-^;



ゆず「あれが新しいシェアメイトか....そこはかとなく魔女臭がする(ー_ー;)」

お、ゆずくんするどい!



ご察しの通り、ありすさんは『魔女』だったのです(^-^;



お部屋はロゼちゃんと同室。
なんか女子学生寮みたいで、なんかワクワクしますねo(*^^*)o



そして早朝

オメガ「なんか、部屋の状況がガラリと変わってる....」

そうなんですよ、ありすさんが到着したのは夜遅かったのでオメガくん既に
就寝してましたからね(^-^;
シェアメイトとしてゆずくんありすさんが増えたので所持金も増えました。
なので、家具家電を少しいい物に買い替えてみたんですo(*^^*)o



シェアハウスを上部から見るとこんな感じになっています。
右側がロゼちゃんと魔女ありすさんのお部屋。サニタリーの横にある小さい部屋が
オメガくんとゆずくんのお部屋です(^-^;



ロゼ「ありすちゃんっ?!Σ( ̄□ ̄;)」

朝っぱらからロゼちゃんが驚愕の声を出してるので何事かと思ったら



ありす「あ、ロゼちゃん、おはよーございます(* ̄∇ ̄*)」

それはいわゆる『まっぱエプロン』?!



ロゼ「ありすちゃん、ダメよ!そんな格好っ!!危ないわよっ!」
ありす「へ? これ、あっちゃんのパジャマ代わりですけど」
ロゼ「そんな格好してたら襲われちゃうわよっ!オロオロ(゚ロ゚;))((;゚ロ゚)オロオロ 
   うちには2匹ばかし紳士のフリした変態がいるんだからっ」
ありす「そーなんですかー?(・_・;?」



ゆず「........(本物の変態どもにだけは言われたくない)」



この時点で、まだオメガくんとありすちゃんは顔を合わせてません(^-^;
既にゆずくんとは会話がないうちから敵対してるような気がしないでもないですが(^-^;

鬼畜変態爆弾魔女のありすさん投入でロゼちゃんが天使に見えるのぅ(* ̄∇ ̄*)


  • 2013.03.09 Saturday
  • 01:38

SIMS3『藻場下家』

規律

 世間ではSIMS3のEP、キャンパスライフだっけ?
あれが発売になったというのに、キャンパスライフだけでなく
そのひとつ前のSEASONSすら投入してない妖精さんですヽ( ´ー`)ノ

投入したい気持ちはあるのだが、まだ不安定ですからね(ー_ー;)
新しいEP突っ込む余裕なぞあるワケがないヽ( ´ー`)ノ
って事でSuperNaturalが最新EPの妖精さんのSIMS3ですが
地味にSIMS3ライフを今日もお届け(o^∇^o)ノ



ゆず「この狭い納戸のような部屋に二段ベッド...」

ベッドがあるだけでも有り難いと思え( ̄^ ̄)
君が来るまではオメガくん、寝袋だったんだからo(*^^*)o



ゆず「あのー、ロゼさん、少しお話があるのですが」
ロゼ「アタシを口説こうってのなら金稼いでからにして」
ゆず「いや、そーじゃなくてですね_| ̄|○」

口説く以前に、まだ二人の関係は友達ですらありませんからね(^-^;




ゆず「部屋ですよ! なんで男二人で納戸のような部屋で二段ベッドなんすか!」
ロゼ「ベッドがあるだけステキじゃない?」
ゆず「つか、ロゼさんひとりで自分達の部屋の二倍以上広い部屋使ってるじゃないすか!」
ロゼ「すべては妖精さんのフェミニストのお陰かしらね♪」


もともとデフォでは1家庭に8人までのSIMが生活できるのですが
5人以上になるとフリーウィルで生活させてるだけに状態がカオスになる上
SIMS3自体が落ちやすくなるんですよヽ( ´ー`)ノ
だもんで妖精さんルールで1家族5人以下を推奨しています。



ゆず「....ってクレームをロゼさんにあげたんですけどね(´・ω・`) 」
オメガ「あー、妖精さんはフェミニストだから、どんなクレームあげても
    ロゼさん優遇は変わりないですよ」



オメガ「ちなみにオイラは便所掃除も担当させられてます(´・ω・`) 」



ゆず「オメガくんも苦労してるのね(´・ω・`) ホロリ」
オメガ「ゆずさんも早く仕事見つけた方がいいですよ。じゃないと今まで以上に
    待遇悪くなりますよ(´・ω・`) 」


なんか、ルームシェアというよりもアウシュビッツの収容所に見えて来た(o_ _)ノ彡☆


たしかにロゼちゃんの部屋は広いけど、そのうち『ありすちゃん』をルームシェアメイト
として投入しようかね、と目論んでる。
ありすちゃんが来ると今まで以上にどエラい事になるの必須ですがね。
アヒャヒャ(゜∀゜≡゜∀゜)ヒャヒャ




  • 2013.03.08 Friday
  • 16:20

SIMS3『藻場下家』

愛の伝道師

 なんてゆーか、なかなか安定しないSIMS3ヽ( ´ー`)ノ
これ立ち上げるまでに3回くらいMac毎立ち上げなおしたわヽ( ´ー`)ノ

せっかくSIMゆず兄たんのデビューやっちゅーのになヽ( ´ー`)ノ



ゆず「俺の名前は『ゆず・こしょう』。さすらいの愛の伝道師」

なんかややこしい厨二病っぽい事言ってますが(ー_ー;)
早い話が新しいロゼちゃんとオメガくんのルームシェアメイトです。



ゆず「早朝からすみません、田舎から高速バスでさっき到着したもんで」
オメガ「いえいえ、自分も朝は勤めで早いから構いませんよ」
ゆず「とりあえず現在は上京してきたばかりで職も決まってないのでニートです」
オメガ「にしてもイケメソですなぁ」
ゆず「ええ、さすらいの愛の伝道師なので」

だから、厨二臭い自己紹介はよせって_| ̄|○
でもとりあえずオメガくんとゆずくん、仲良くやっていけそうで一安心o(*^^*)o



オメガくんが仕事に出かけるとロゼちゃんが起きてきますた。

ゆず「先程到着しました、さすらいの愛の伝道師ゆず・こしょうです」
ロゼ「宗教勧誘はやめてね」
ゆず「いや、そうではなくてですね....」
ロゼ「とりあえず、まずは仕事決めてお金を入れる事」
ゆず「はぁ....」
ロゼ「あ、それからこの世界ではホモ禁止だから。彼氏が出来た時点で抹殺されるからね」
ゆず「自分は至ってノーマルなので、それは大丈夫」
ロゼ「妖精さんからフィリピンホストに入り浸ってるという情報聞いてるけど」
ゆず「(あの魔女があああああああ(-"-))」



ロゼ「それから、部屋はオメガくんと同室でよろしこ」
ゆず「あー、はい、わかりますた」



ゆず「ところでロゼさんはどのような男性が好みで?」
ロゼ「あー、アタシってイメケソ駄目なんだー。隠れ変態だから」
ゆず「....そうなんですか(妖精さんといい、ロゼさんといい変態女性しかおらんのか!)」

妖精さんの持てる技術を駆使して精一杯のイケメソで投入したのに
無駄な努力に終わったな。
アヒャヒャ(゜∀゜≡゜∀゜)ヒャヒャ



そういえば、オメガ兄はロゼちゃんに「前の髪型の方がステキ(意訳)」と言われたので
元に戻してやる事にしようと決意したまではよかったが、バグってゲム毎落ちますた_| ̄|○
(上記画像はバグって落ちる直前のステキ(?)画像)


妖精さん家のSIMS3が安定するのはいつの日か....(遠い目)


  • 2013.03.07 Thursday
  • 19:39

SIMS3『藻場下家』

Boy Hunt

 季節の変わり目なせいか、暖かい日と寒い日の差が激しいせいか
はたまた多忙モードのせいか、イマイチ体調がしゃっきりしない妖精さんです(´・ω・`) 

今年はね、高校入学を控えてるヤツが家族の中に存在するので
例年以上の書類書きを余儀なくされています(´;ω;`)ブワッ
書道5段と言っても、もう何年前に取ったんだよ、自分_| ̄|○
一家の書類に関する書き物の作業とパソや家電の配線はすべて妖精さんの係です(;´д⊂)

さて、ちまちまとCCと入れたり抜いたりという地味な作業を繰り返しながら
動作確認の続くSIMS3ですが、あれからどうなったのでせうか?



泡風呂に入りたいロゼちゃん。
スーパーに泡風呂用の入浴剤を買いにきました。

ロゼ「そういえば妖精さんはNPCにイケメソはいないって言ってたけど
   ひとりくらいはいると思うのー」

SIMロゼちゃん、現在の目標は『可愛いお嫁さん』になる事らすぃ(^-^;



買い物が終わってスーパーから出てくると若いNPCのSIMがおりますた。
せっかくなので挨拶くらいしましょうよ。

ロゼ「.....イケてない...チェンジッ!!」

容赦ないロゼちゃん(^-^;



このまま家に帰っても特にやる事もないので、公園に来てみたロゼちゃん。

ロゼ「なんかフェスタやってるせいか、男の人いぱーい来てるけど...」

まぁ、せっかくだし、挨拶くらいは....

ロゼ「チェンジッ!!」

どこの風俗だよ_| ̄|○




ロゼ「妖精さんの言ってる事、激しく理解しますた(´・ω・`) 」

だから言ったでしょヽ( ´ー`)ノ




ロゼ「オメガくんが一番マシだったわ」
オメガ「はいっ?(・_・;?」


そのオメガくん、そのうち妖精さんのヤツアタリでアフロかモヒカンになるがなΨ(`∀´)Ψ



  • 2013.03.06 Wednesday
  • 18:14

SIMS3『藻場下家』

いつか王子様が

 少しずつCCを投入しながらのプレイなので、結構小刻み運転です(^-^;
MODも最新バージョンにして無事に動作しているようで
今のところはナニヨリ。



オメガくんの初出勤の日。
昨日の残りのサラダを冷蔵庫から取り出して食べてます。

オメガ「これ、また5シムオリオン払わないといけないかなー」

どうでもいいが、オメガくん、可愛いパジャマだな(^-^;



食べた後のお皿を洗って



朝風呂に入ります。
はい、本日のサービスショットですねo(*^^*)o
『ぶっちゃけ男の入浴シーンはいらん!』というご意見は華麗にスルーさせて頂きます。



出勤時間になると同僚だか先輩だか車でお迎えに来てくれました。




ロゼ「おーはーよー」

オメガくんが出勤して2時間くらいするとロゼちゃんも起きてきますた。



ロゼ「求人、求人っと....医療に食品、軍隊.....どれもアタシには合わないわねー」

合わないってアータ_| ̄|○
他に専門職や自営業もありますが

ロゼ「アタシ、特にこれと言って特技もスキルもないもーん( ̄^ ̄)」

まぁ、投入2日目ですから、あなたに限らず誰もスキルないですよ(^-^;




ロゼ「決めた」

お?自営業にするんですか?それとも専門職?o(*^^*)o

ロゼ「アタシ、可愛いお嫁さんになる!!」

ええーっ?!Σ(゚Д゚ノ)ノ
あなた、投入されてまだ2日目ですから友達どころか知り合いですら
殆どいないじゃないですか?!

ロゼ「これから金持でイケメソな男を見つける( ̄^ ̄)」

あー(^-^;
ぶっちゃけると、妖精さんが作成したSIMはあなたとオメガくんしかいません。
そしてNPCとして既に投入されてるSIMにロクな男はいませんよ?(^-^;




オメガ「ただいまーです」

そうこうしているうちに夕方になり、オメガくんが仕事から帰ってきました。




オメガ「はー、初出勤、疲れた〜」

投入されて3食目もやはりサラダを食べるオメガくん(^-^;



オメガ「ああ、ロゼさん、ただ今帰りました」
ロゼ「おかえり」
オメガ「ロゼさん?(・_・;?」
ロゼ「(じー)」



ロゼ「オメガくん、あなた眼鏡じゃない方がいいわね、コンタクトにしなさい」
オメガ「はい?(・_・;?」



ロゼ「それから、その髪型もどうにかした方がいいわね」
オメガ「え?え?」
ロゼ「オメガくん、そこそこイケメソかもしれないんだから」



オメガくん、ロゼちゃんにちょっとヨロめきかけてます?(^-^;


そして会話が弾むうちに2人はやっと『友達』関係に(^-^;
そしてロゼちゃんもオメガくんはまんざらじゃない様子。



そして単純なオメガくんはロゼちゃんに言われたように眼鏡からコンタクトにし
髪型もスッキリとさせてみますた。

オメガ「もしかして、俺、結構イケてる?(* ̄∇ ̄*)」



オメガ「よーっし、これから頑張るぢょ!o(*^^*)o」

.........なにを?



なんか、このままだとこの2人、恋に落ちてケコンしそうですな(^-^;
しかし、そうすんなり行くと面白くないなーと考えてる妖精さんだったりするΨ(`∀´)Ψ



  • 2013.03.02 Saturday
  • 17:44

SIMS3『藻場下家』

リベンジ〜原因究明持続中

 うむ、なんとなく原因が少しずつ解ってきたような気がしてきた妖精さん。
建築モードに切り替えて壁削ったり壁紙張り替えたりして生活モードに戻ると
アカンみたいなので、今回はデフォの家で家は弄らずに、家具だけを配置するようにして
プレイしてみる事に。
抜いたpackage形式のCCも少しずつ入れて様子見を持続です。



はい、ロゼちゃんとルームメイトのオメガくんです。
今回作り直しになったのですが、ロゼちゃんの髪の色を少し濃くしてみますた。
そしてオメガくんも黒髪にしてみますた。



ロゼちゃんの一人暮らしでも良かったのだが、SIMSで一人暮らしさせると社交ゲージが
下がって「寂しいよぅ(;´д⊂)」となると、これまた面倒なので本人の了解も取らず
オメガくんをルームメイトに引き入れる事にしたんです。
早速会話が弾む2人。 妖精さんからの指示は一切出しません。恋に落ちたら
それはそれでケコーンして愛を育んでもらうo(*^^*)o



なんか、オメガくんの方は楽しそうです(^-^;
どうやらロゼちゃんの事を気に入ったようですね。



む、ロゼちゃんも笑顔だ...まんざらでもないのか?Σ(゚Д゚ノ)ノ
オメガくん、今回も地味に作ったよ?(^-^;
ロゼちゃんと恋に落ちるのが前提なんだったらもっとイケメソに作ってやれば
よかったなと、妖精さんプチ反省ヾ(_ _*)ハンセイ・・・



とは言え、まだ入居1日目。
二人の関係はルームメイト。
『友達』ですらありません(^-^;
そして二人揃って無職。
だもんで金も仕事もないので家具も必要最低限しか入っていません。
故に本を読むくらいしか娯楽がない二人(o_ _)ノ彡☆



とりあえずロゼちゃんは女の子ですからね、必要最低限の家具しか入れる金がないとはいえ
キチンとベッドだけは入れるフェミニストの妖精さん(* ̄∇ ̄*)



オメガくんは野郎男の子なので仕事みつけて金を稼ぐまでは寝袋で寝てもらうΨ(`∀´)Ψ



ロゼ「無事に引っ越しも済んだし、仕事探さないとなぁ」
オメガ「新聞に求人案内出てるらしいですよ」



ロゼ「その前にお腹がすいたからご飯作る」

ロゼちゃん、初めてのお料理です(^ω^)



ロゼ「サラダうまっ!!アタシ料理の天才じゃね?」

いや、サラダって野菜切ってドレッシングかけて混ぜただけですよね?(^-^;



オメガくんもお腹がすいたようです(^-^;



ロゼ「一皿5シムオリオン払ってね♥」
オメガ「金取るのかよっ?!Σ(゚Д゚ノ)ノ」
ロゼ「まだ無職だから金銭にはシビアにね」
オメガ「なにかいい求人ないだろうか....なになに、研究所の被検者?(・_・;?」
ロゼ「腎臓、1コ売ったら?」
オメガ「Σ( ̄□ ̄;)」

ロゼちゃん、可愛い顔して結構毒舌?(^-^;



ロゼ「あ、言い忘れたけど食べた後のお皿、かたしといてね。アタシの分も♥」
オメガ「.....俺たちの関係ってルームシェアしてるだけだよな(´;ω;`)ブワッ」

もしも恋に落ちてケコンしたとしても間違いなくケツに敷かれそうですなΨ(`∀´)Ψ



結局腎臓を売る事にしたのかどうかは解りませんが、オメガくんは研究所に就職を
決めました。

オメガ「明日も早いのでお先に...おやすみなさい」



ロゼ「ヤバいな、アタシも仕事決めないと...」

うん、主導権が交代するかもしれませんからね。
アヒャヒャ(゜∀゜≡゜∀゜)ヒャヒャ


こんな感じで様子を見て行きながら続けてみたいと思いますm(_ _)m


また他の方々のご意見、ご希望、お待ちしております故
ガシガシとカキコして下さいo(*^^*)o
安定したら従来の住人にも戻ってきてもらいますので
皆々様、覚悟の程をよろしこΨ(`∀´)Ψ

  • 2013.02.28 Thursday
  • 16:49

1