Calender

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

-

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2013.06.17 Monday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

SIMS3『しばづ家』

保護責任

 最近暑くなってきたせいか、体調がイマイチ(ー_ー;)
妖精さんの持病は夏に弱いからなぁ(ー_ー;)

さて今日もDKライフプレイしてみますた。



DKのお色気入浴シーン。
そのうちお風呂のアヒル買ってやるからな。



そして壁に向かって宿題するSIMサトピ。
せっかく部屋に勉強机を設置してやったのに_| ̄|○



そしてリアルとシンクロするSIMリューヤくん。
SIMサトピと違ってコイツはヒマさえあればドラム叩いてます(ー_ー;)


今日の話は、こいつらの保護者として投入された可哀想なSIMタク先輩の話。



お金がないので、水道が壊れても修理屋を呼べません。
器用スキル、ないに等しいのに自力で修理(´・ω・`) 



朝起きると、まずは洗濯です。



そしてDK2人がガッコに行くとタク先輩は2人の部屋のベッドメイクをします。



メイドを雇うお金もないのでゴミ出しも自分でやります。



育ち盛りのDKの世話をしているので、料理を勉強するのも欠かせません。



そしてもちろん料理も自らやります。



んでもって門限すぎて帰宅したリューヤくんに説教もカマします。



そして車の運転も教えます。

タク先輩「絶対にぶつけたりこすったりするなよー」
リューヤ「(((゜Д゜Щ)))ガクガクブルブル」



そして帰宅すると洗濯物を干します。
もうね、まるで主婦かお母さん(o_ _)ノ彡☆



サトピ「先輩、この家狭いっすよ。これじゃセッション出来ません」



リューヤ「サトピなんてベース弾く度に庭に出てますよ。
     敷地にスタジオを建設するか、いっそ広い家に引っ越しましょう!」
タク先輩「そんな金、どこにあんねんっ!!(´;ω;`)ブワッ」


SIMタク先輩の苦労は続く


  • 2013.06.17 Monday
  • 00:28

-

スポンサーサイト

  • 2013.06.17 Monday
  • 00:28
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment
Send Comment